放射線部のご紹介

当院は、西鉄二日市駅にもJR二日市駅にも近い位置にあり、商店街にも近く、とても便利な場所にあります。近くには二日市済生会病院・福大筑紫病院あり、福岡徳洲会病院とも連携して検査・診療等を行っています。その中にあって病院の1階で一番奥に位置するのが放射線科です。そこには、X線撮影装置(レントゲン)、CT撮影装置、X線-TV装置(胃バリウム検査)の3台の装置があります。またその他にも、当院の特徴としてベッドに寝たままの入院患者様がいらっしゃるので、病室でレントゲン撮影をするための、ポータブルX線撮影装置が1台あります。

そして、患者様には安心・安全で、出来るだけ苦痛のない検査を行えるように、日々努めています。

放射線部の検査

当院の放射線科で出来る検査には、次のようなものがあります。

  • ・胸やお腹のX線撮影(レントゲン)
  • ・骨のX線撮影(レントゲン)
  • ・脳のCT撮影
  • ・胸やお腹のCT撮影
  • ・手や足のCT撮影(立体画像も作成可能)
  • ・脳血管のCT撮影
  • 胃バリウム検査
  • ・骨塩定量の測定
  • ・健康診断(胸部レントゲン・胃バリウム検査)
  • 生活習慣病予防健診(胸部レントゲン・胃バリウム検査)

一方、残念ながら当院では出来ない放射線関係の検査は、

  • ・マンモグラフィ(乳房撮影)※健診では福岡徳洲会病院と連携しています。
  • ・MRI

などがあります。

放射線部の職員

現在、放射線部は放射線技師一人だけです。

責任者:伊藤 守人(いとう もりひと)

経歴
  • 1961年生まれ。
  • 1986年福岡徳洲会病院に就職。
  • 2015年二日市徳洲会病院に転勤。
保有資格
所属学会

放射線部の検査で、わかることって何があるの?

骨粗しょう症(骨塩定量)
骨の強度が低下して、骨折しやすくなる骨の病気です。骨粗しょう症は痛みなどの自覚症状がないことが多く、定期的に骨密度検査を受けるなど、日頃から細やかなチェックが必要です。
早期胃がん
胃バリウム検査で、まだ治療可能な早い時期の胃がんを見つけることが出来ます。早期胃がんの中には、手術あるいは内視鏡だけで治療できるものもあります。
早期肺がん
肺のCTで、胸部X線撮影では発見できないような小さな肺がんを見つけることが出来ます。
現代の日本で、死因別がん死亡率の第一位は肺がんです。
脳卒中
脳内出血、脳梗塞※、くも膜下出血がCT検査で発見できます。脳の単純CT検査は、5分程度で終わります。
※急性期は、CTではわからないことが多く、MRI検査が適しています。
骨折
当院では、画像をデジタル処理することにより、細かな骨折やヒビも発見することが可能です。

上記は、ほんの一部です。何かご質問ご相談がありましたら、ぜひ当院の医師にご相談下さい。

Copyright © 医療法人徳洲会 二日市徳洲会病院All rights reserved.